借金返済の返済計画の立て方

借金返済をしていると、キャッシングのテレビCMをよく見ていると、返済は計画的にと言われています。
大抵の人はお金を借りると、分割で返済することになり、決められた返済額を毎月口座から引き落とされることになります。

 

基本的には、借金返済方法でも全く問題はありません。
しかし、借金返済するうえで、借入期間が長ければ長いほど元金に金利がかかってきますので、その分多くの利息が発生してしまいます。

 

お金を借りている人に取っては、よほどお金に余裕があれば月々の返済額は多少多くても負担とはなりませんが、お金に余裕が無い人に取っては、少しでも月々の返済額は低く設定して負担を少なくしたいものです。
実際にどこの金融機関も、月々の返済額を少なく出来るように提案されることが多くあります。

 

しかし、金融機関にしてみれば、月々の返済額を低く設定することで、その分、返済期間を長く出来ますので、多くの利息を得ることができることになります。これでは、金融機関の思惑どおりに商売されてしまいます。

 

そこで、返済計画を立てて、計画的に返済することで、月々の返済額を低く設定しても、利息額を押さえることができるのです。

 

サラリーマンの人手あれば、ボーナスがありますので、ボーナス月は繰り上げして返済することで借りたお金の元金を減らすことができ、しかも利息を抑えることもできます。
また、返済のための貯金をし、ある程度貯金が貯まったところで、一揆に返済してしまうことも、口裂的な返済計画となります。


借金返済の元金と金利について

借金返済で銀行や消費者金融からお金を借りると、契約を交わすために借り入れや返済に関する説明を受けることになります。
しかし、実際にお金を借りたことがある人であれば、金融機関が説明する内容はとても細かく難しい内容ばかりで、大抵の人は説明内容の半分も理解出来ないことがあります。

 

まず、お金を借りるときに、必ず知っておくべきことがあります。
お金を借りるうえで、元金と金利については最低限知識として取っておくことをお勧めします。

 

元金とは、お金を借りたときの元のお金になります。

 

では、借りたお金のことを元金と呼んでいるのかというと、お金を借りた場合、必ず金利が設定されていますので借りたお金に応じて利息が発生します。
借りたお金を返すとき、元金に利息を加えて返済することになります。

 

金利は、銀行や消費者金融によって異なっていますが、大抵は景気に左右されて変動することが多いですが、元々は政府日銀が設定するプラムレートに連動して金利が設定されることが多くなっています。

 

カードローンやキャッシングの金利は、3%台から上限の20%まで大きく隔たりが多くなっています。
金利は、基本的に借りた額が多いほど低い金利となり、元金が少ないほど高い金利設定となるのが一般的となっています。
金利には、固定金利と変動金利があり、不景気の場合、変動金利のほうが低金利でお金を借りることができます

 

しかし、景気が上向き傾向にある場合は、金利が急激に上がることもありますので注意が必要となります。


借金返済の繰り上げ返済とは

銀行や消費者金融などの金融機関が取り扱っている貸し付けの商品は、契約に基づき毎月分割して返済していくことになります。
返済期間は、ローン商品にもよりますが、住宅ローンの場合、5年、10年、15年と最長35年まで5年体位で設定でき、身近なカードローンやキャッシングの場合、1年単位で長いと10年、短くても3年の返済期間となります。

 

お金を貸す側の銀行や消費者金融にしてみると、高額な借り入れを長期にわたり借り入れしてくれる客がより多くの利息収入を得られることで喜ばれることになります。
お金を借りる私たちにとっても、返済額が少ないほうが生活に負担をかけずに済むことになりますので、助かる話となります。

 

借金の返済では、毎月の決まった額の返済とは別に、随時返済できるようになっています。
一般的に随時借金を返済する方法を繰り上げ返済と言われており、住宅ローンなどではお馴染みの返済方法となっています。
借金返済での繰り上げ返済では、全てを返済する一括完済一部を繰り上げ返済する方法があります。

 

繰り上げ返済を行うためには、借り入れ金融機関の窓口かコンビニにあるATMからも繰り上げ返済が可能となっています。

 

もっとも、窓口で繰り上げ返済する場合、手数料がかかってきますので、ATMから繰り上げ返済したほうがお得になります。さらには、繰り上げ返済することで、元金を減らすごとができますので、元金にかかる金利分の利息額を減らすこともできます。


長い人生の中で、あまり経験したくないものの1つに、借金があります。
生活するうえで、お金に余裕があれば、全く問題はありませんが、大なり小なり急にお金が必要になるときがあります。
急にお金が必要になったときに、財布の中や銀行口座に必要なお金があれば、その中からお金を出すだけですが、もし、財布の中や銀行口座にお金が無いとしたら、あなたならどう対処しますか。
よくあるのが、会社の給料を前借する人や親や友達からお金を借りる人もあるのではないでしょうか。
しかし、会社や友達からお金を借りると、信用を失いかねません。
そこで、頼りになるのが銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングになります。
消費者金融がサラ金と呼ばれ、悪質な貸し付けや高金利での貸し付けが社会問題となったことがありますので、消費者金融からお金を借りることに抵抗を示す人も少なくはありません。
しかし、現在の消費者金融は、昔のサラ金のように悪質な業者はほとんど少なくなっています。
現在の多くの消費者金融は、大手銀行のグループ会社として経営していることが多く、銀行の看板を背負っていることから、信用第一にしています。
ここで、カードローンやキャッシングを利用してお金を借りることが出来ても、お金を返さなければならなくなります。
お金を借りるときに、ついつい余分にお金を借りることかありますが、借金返済のことから考えると計画的にお金を借りることが必要となってきます。
ここで、不幸にも借金の返済が何らかの理由により返済が難しくなってしまうこともあります。
万一、借金の返済が難しくなってしまった時は、お金を借りている銀行や消費者金融に相談することが必要となります。
借金の返済に困り、他の所からお金を借りて賄うことがありますが、こうしたことは多重債務となるばかりか、ヤミ金と呼ばれる悪質な貸金業者にはまってしまうことがあります。
もし、ヤミ金に手を付けて返済に困ってしまう場合は、弁護士に相談することをお勧めします。
近頃、借金返済の相談を無料で受け付けている弁護士が増えていますので、是非利用してみましょう。